自信をつけるには

中学受験を受けるときの緊張を避けるには、「自信をつける」ことも大切です。試験問題を見たときに、「ほとんどの問題は簡単に解ける」と思えれば、緊張は少なくなるでしょう。この逆で、出題された問題の中に自分が解ける問題が少なければ、一気に「合格できないかもしれない」という焦りが襲ってきて、緊張が高まることもありえます。試験問題の中に、自分に解ける問題が多いということが重要です。

今まで長い時間勉強してきた人は、その努力を信じましょう。たまたま中学受験のときに、それまで勉強してきた内容が出題されるというような幸運もありますが、多くは努力の結果です。 自分は十分に勉強をしてきたという自信があれば、問題を前にして「解けないかもしれない」という不安がなくなるかもしれません。普段からできるだけ多くの問題を解いて、解き方を知っておくことが大切です。

それと、受験というのは、自分の成績が悪いから落ちるとは限りません。試験を受けた人の成績が全体的に悪ければ、自分の点数が低くても合格できる場合があります。 問題が難しかったり、緊張しているのが自分だけとは限りませんから、ダメだと思ったとしても、けっこう合格できている場合もあるようです。